お肌に合わせたニキビケア情報

思春期のお肌に合わせたニキビケア情報

Step1

まずヘアーキャップなどで髪の毛が落ちてこないようにし、顔全体をしっかり出します。

そしてぬるま湯で顔を濡らします。
(ぬるま湯にする事で毛穴を開き汚れや余分な皮脂を落としやすくします。)
*熱いお湯だと必要な皮脂まで落としてしまいます。また冷水を使用すると逆のひきしめ効果になってしまうので、肌に負担がないぬるま湯にしましょう。

Point

ぬるま湯で顔を濡らす前に蒸しタオルも効果的です。
特にメイククレンジングの場合など、蒸しタオルで毛穴を開かせるに事により、毛穴の奥の汚れや余分な皮脂が出やすくなりますし、この一手間でお肌もより、一層柔らかくなります。

Step2

蒸しタオルで毛穴を開き、ぬるま湯で顔を濡らしたら、洗顔料をしっかり泡立てます。
角が立つくらいそして、きめ細やかな泡を作ります。
(泡立てが苦手な場合、市販で泡立てネットなどが売られていて、簡単に泡立てられますので、オススメです。)

よく泡立てた洗顔料を皮脂の多いところから、洗っていきます。
額、鼻、のTゾーン、小鼻まわり、眉、こめかみ、顎から首にかけても洗います。
唇や頬、目のまわりの皮膚が薄いところは最後に洗います。
指先に力を入れてこすったりせずに、泡で優しく洗いあげて下さい。
*この時、手を肌にこすり付けないようにしましょう。

Step3

泡で優しく洗顔した後、たっぷりのぬるま湯でしっかりと洗い流します。
しっかりすすぎ髪の生え際、顎、首回りなどに泡残りがないか確認しましょう。

Step4

最後の仕上げに冷水で濡らして、開いている毛穴をひきしめて洗顔終了です。
拭き取りは、お肌が傷つかないよう、乾いたタオルで優しく抑える感じで水分を拭き取って下さい。
また洗顔、拭き取り後はしっかり保湿を行って下さい。

Advice

シャワータイムで洗顔を行う際、シャワーを直接顔に当てないよう気をつけて下さい。
シャワーの水圧がニキビの刺激になってしまうので、手で優しく洗い流します。

蒸しタオルの作り方

熱めのお湯にタオルをつけて、しっかりしぼります。これで蒸しタオルの出来上がりです。

レンジでも蒸しタオルも作れます。
タオルを濡らし、しっかりしぼります。
*上記の蒸しタオルにも言えますが、水分を多く含みすぎると、びしょびしょになりますので、ある程度はしっかりとしぼった方がいいかもしれません。
そして、500wで約1分以内で出来上がります。
出来上がりが熱すぎると感じるのであれば、蒸しタオルを両手に広げ軽く冷ましてから顔にのせて下さい。ヤケドの原因にもなりますので、温かいと感じるくらいがいいと思います。